ARTIST OF THE MONTH

2017.11.19 Sunday


ARTIST OF THE MONTH

11月のアーティスト│大森 直・鮎川陽子




2017年11月のアーティストは、大森直氏と鮎川陽子氏のふたりです。大森直氏はファッション誌やライフスタイル誌などの媒体で幅広く活躍しながら、多くのアパレルブランド、企業広告やCDジャケットなどで、数多くの記憶に残るビジュアルイメージを手がけてきました。透明度が高くノスタルジックな光彩も織り込んだ撮影話法はスタイリッシュで、被写体のシルエットをアイコニックに昇華させ、そのニュアンスの力強さの中に気品があることで高く評価されています。


鮎川陽子氏は、国内外でモデルとして活躍中。シーナ&ロケッツの鮎川誠とシーナの長女として生まれた彼女は、1996年にキャリアをスタートした当初から強い存在感で注目を集め、パリコレではシャネルなど一流コレクションに出演し、国内では東京コレクションをはじめ、「Spring」「Olieve」など多くの雑誌に出演。また女優としての活動や、自身のブランドもリリースし、グラフィックデザインやDJ活動も展開するなど、ファッションミューズの枠外でも独特な感性を表現し続けています。


ふたりは、ともに同じ頃キャリアをスタートし、シーナ&ロケッツのリミックス・アルバム「エレクトロケッツ」(2004年)のジャケット写真により知り合います。その後も「ロック」をキーワードにしばしば共鳴してきました。モチーフは異なりながらも、生命へ向けられたユニークなコンセプトと、写真でしか表現しえないアプローチで瞬間美に迫り形にするセンスには、不思議なほどに濃い共通性が感じられます。


2017年11月25日から12月3日まで、このふたりによる初めての展覧会「クロイトリ」を開催。鮎川氏が被写体となって表現する大森氏の写真作品と、鮎川氏のPOPなドローイングで構成される本展は、クロイトリというアイコンを掲げ、「LOVE ROCK LIFE」を表現する構成に。特に鮎川氏の絵のオリジナルを展示する機会としては、初めての場となります。GALLERY SPEAK FORでは、写真を撮る側と被写体、写真とファッション、アートなど、ジャンルを超えてクロスする新しい挑戦をしようとするこのふたりを「ARTIST OF THE MONTH」として選定いたしました。



大森 直 フォトグラファー


透明度高くノスタルジックな光彩も織り込む、
スタイリッシュな写真で活躍。


1972年、宮崎県生まれ。写真スタジオ勤務を経て、ホンマタカシ氏、ZIGEN氏に師事。’97年フリーランスのフォトグラファーになり、企業ブランド広告、ファッション誌やCDジャケット、写真集など幅広い分野で活躍中。


http://www.sunaoohmori.com


大森 直・鮎川陽子「クロイトリ」展については、こちら
http://blog.galleryspeakfor.com/?eid=755




鮎川陽子 モデル / クリエイター


ファッションミューズにとどまらず、
アートや音楽で独特な感性を表現。


1976年、福岡県生まれ。’96年、ファッションモデルとしてデビュー。国内のファッション誌だけでなく、パリコレでシャネルのショーに抜擢されるなど国内外でも活躍。また、イラストレーションやグラフィックデザインなどを手がける。出演映画「星屑兄弟の新たな伝説」(手塚眞監督)が2018年に公開予定。


http://yobe.com


大森 直・鮎川陽子「クロイトリ」展については、こちら
http://blog.galleryspeakfor.com/?eid=755



EXHIBITION ARCHIVES

2017.10.23 Monday

過去の展示


kuroitori_pr


大森 直 ✕ 鮎川陽子

クロイトリ


2017年11月25日(土)- 12月3日(日)12:00-19:00 会期中無休


フォトグラファー・大森直氏はファッション誌やライフスタイル誌などの媒体で幅広く活躍しながら、多くのアパレルブランド、企業広告やCDジャケットなどで、数多くの記憶に残るビジュアルイメージを手がけてきました。透明度高くノスタルジックな光彩をも織り込んだ話法はスタイリッシュで、被写体のシルエットをアイコニックに昇華させ、その力強さの中に気品があることで高く評価されています。一方、国内外でファッションモデルとして活躍している鮎川陽子氏。シーナ&ロケッツの鮎川誠とシーナの長女として生まれた彼女は、1996年にキャリアをスタートした当初から強い存在感で注目を集め、パリコレではシャネルなど一流コレクションに出演し、国内では東京コレクションをはじめ、「Spring」「Olive」など多くの雑誌で活躍。また女優としての活動や、自身のブランドもリリースし、グラフィックデザインやDJ活動も展開するなど、ミューズに留まらない独特な感性を表現し続けています。


ともに同じ頃キャリアをスタートし、シーナ&ロケッツのリミックス・アルバム「エレクトロケッツ」(2004年)のジャケット写真制作時に知り合あったふたりは、「ロック」をキーワードにしばしば共鳴してきました。


kuroitori_pr2


本展は、ふたりが取り組む初めての展覧会となります。鮎川氏が被写体となって表現する大森氏の写真作品と、鮎川氏のポップなドローイングは、クロイトリというアイコンを掲げ、「LOVE ROCK LIFE」を表現。「カラフルな色が混じり合うと力強い黒になる。それはROCKの持つ強いエネルギーのようだ」と鮎川氏は言います。ロックと写真、ファッション、アートの融合形を体感できるようにとの意図が「クロイトリ」というタイトルになりました。未公開作、撮り下ろし写真も含め、大小の作品約30点を展示・販売いたします。また、本展に合わせて制作されるオリジナル作品集やトートバッグなども販売いたします。


会場:AL
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南3-7-17
※旧「GALLERY SPEAK FOR」ではありませんので、ご注意ください。
TEL 03-5722-9799
http://www.al-tokyo.jp


【アコースティックライブ開催】
2017年12月2日(土)16:00〜17:00 アコースティックライブ



大森 直(おおもりすなお)フォトグラファー


1972年、宮崎県生まれ。写真スタジオ勤務を経て、ホンマタカシ氏、ZIGEN氏に師事。’97年フリーランスのフォトグラファーになり、企業ブランド広告、ファッション誌やCDジャケット、写真集など幅広い分野で活躍中。


http://www.sunaoohmori.com


鮎川陽子 モデル / クリエイター


1976年、福岡県生まれ。’96年、ファッションモデルとしてデビュー。国内のファッション誌だけでなく、パリコレでシャネルのショーに抜擢されるなど国内外でも活躍。また、イラストレーションやグラフィックデザインなどを手がける。出演映画「星屑兄弟の新たな伝説」(手塚眞監督)が2018年に公開予定。


http://yobe.com


ARTIST OF THE MONTH

2017.09.30 Saturday


ARTIST OF THE MONTH

10月のアーティスト│谷川千佳 




2017年10月のアーティストは、アーティスト / イラストレーターの、谷川千佳氏です。GALLERY SPEAK FORでは「光の記憶」展(2014年)と「約束」展(2015年)が好評だった彼女。所在なげで、物憂い表情をたたえた少女たちのポートレートを主軸に作品を数多く発表し続けています。細い手足や、優美な曲線の長い髪など、伝統的でファンタジックな少女画の美質を備えつつ、宙を漂うような絵の主人公の視線から彼女自身の空想力の深さに息をのみ、さらにはこちらの深層心理までを覗き見られるような、かすかな狂気を感じる瞬間も。そのフィアーな印象を濃厚に放つアクリル画の魅力は、三津田信三氏のミステリー単行本「どこの家にも怖いものはいる」「わざと忌み家を建てて棲む」の装画でも存分に味わうことができます。


2013年頃からは、より透き通るように、かそけきニュアンスを放つ淡いパステルトーンの色彩感をもった少女画も制作し始めました。記憶や夢など、無形のイメージで自画像のような少女のポートレートをふんわりと包みつつ、直線的な図形、無機質な線、漆黒の闇のイメージなど、多重的コラージュのような画面構成の妙も楽しめる絵のラインを数多く発表し始めました。さらに風景との組み合わせで、絵本やコミックのワンシーンのような作画、マンガ作品まで試みるなど、毎シーズンごとに新鮮な着想力を見せてくれます。


2014年からアーティストとして独立し、制作と発表、販売を力強く続けている谷川氏。日本各地での個展開催やグループ展参加も精力的に続けており、また海外のアートフェア、グループ展にも多数参加しています。少女画の、特にセーラームーン世代と言われるアーティスト、イラストレーターが多数、厚い層をなしている中にあって、2D絵画の美と、自分自身にしかできない構成の深みを真摯に希求し続け、どのような機会であっても「流す」ことをしない態度は、各地のギャラリー、ショップで高く評価されています。ライブステージの装飾の絵、テキスタイルの図柄制作なども手がけるなど、活動の幅も年々広がってきています。大阪で今月開催される最新個展「名前はいらない」(2017年10月6日〜26日、大阪・DMOARTS)では、彼女の絵の最新バージョンとその周辺が全て提示される予定。


さらに大きなブレークポイントが間近に迫っていると評価し、GALLERY SPEAK FORでは「ARTIST OF THE MONTH」として選定しました。GALLERY SPEAK FORで展示歴のある作品を中心に、人気作の中から比較的こぶりなサイズの木パネル貼り作品をピックアップして当サイトにて紹介・販売いたします。



谷川千佳(たにかわちか)
アーティスト / イラストレーター


夢や記憶を、多層的なコラージュ感覚のなかで表現。
本の装画やテキスタイルまで、活動の幅と質に高い評価。


1986年、富山県生まれ。2010年、神戸大学発達科学部を卒業後、デザイン系専門学校勤務を経て、フリーランスのアーティスト / イラストレーターとして活動を開始した。国内外で作品を発表し続けるほか、三津田信三「どこの家にも怖いものはいる」(中央公論新社)、乾ルカ「奇縁七景」(光文社)の装画を担当するなど、幅広く活躍中。短編漫画の制作や、音楽アルバムのジャケット、ライブステージ装飾のイラスト、テキスタイルの図案提供なども。最近の主な個展に「咲く空」('16年、名古屋・スペースプリズム)「あかいひかりは呼吸する」('17年、ブックギャラリーポポタム)、「瞬き」(同年、大阪・ondo)がある。


http://www.chikatanikawa.com


谷川千佳さんの作品一覧は、こちら
http://www.galleryspeakfor.com/?mode=grp&gid=1692001&sort=n


「タグボート」でも作品が購入できます。
http://ec.tagboat.com/jp/products/list.php?author_id=100105&tngs_flg=0





谷川千佳 個展「名前はいらない」


アクリルを用いたペインティング作品(関西では未発表。2017年制作のもの)から約15点を展示・販売する。会期にあわせ新作品集も発売予定。その他、オリジナルトートバッグやTシャツなども販売される。会期中の週末には、ドローイングイベントなども。

会期 : 2017年10月6日(金)- 26日(木)会期中無休 
10:00-21:00(最終日のみ18時まで)
レセプションパーティ 10月6日(金)18:00 - 21:00
会場 : DMOARTS
〒530-8558 大阪市北区梅田3-1-3 LUCUA 1100 7F

<谷川千佳氏のステイトメントより>
名付けられない曖昧な存在や記憶に、日々絵を通して向き合っている。
言葉にできない感情や空気をかたちにしようとすればするほど、
それは目覚めかけの夢のように、イメージは遠く薄れて行き、どこまでも掴みきれない。
そんな曖昧な世界を、純粋に描くと言う行為に改めて向き合い、曖昧なまま受け止めたいと思った。
それらは全て、自身が“今”描かなければいけないと思う切実な風景です。



ARTIST OF THE MONTH

2017.09.04 Monday


ARTIST OF THE MONTH

9月のアーティスト│福津宣人




2017年9月のアーティストは、画家 / アーティストの福津宣人氏です。


多くの画家は絵を描くにあたり、モチーフを見つめ、フォルムや色彩情報を受けとめて自分なりの構想と描画タッチで造形していきますが、福津氏の場合には、そのノウハウやマナーが一定ではありません。多くの場合、パターン・ペインティングという絵画様式をとり、「パターンストローク」シリーズでは、筆やペインティングナイフを使いながら、雪の結晶の生成のように六角形の対角線を結ぶ手の動きだけで描いています。また別のシリーズではアルキド樹脂を用い、絵具の硬化過程によって偶発的に生まれる様々な模様によって風景などを表現しています。絵具が乾くまでにかかる時間や、混ざり合わないことによる流動性を効果的に援用しているのです。


そうした方法論は一見遠回りな描画法に見えますが、描写対象の「具体」と、パターンという「抽象」の間にある無限の広がりへと見るものを手招きし、インプロビゼーションに似た感性の震えと、絵の対象との邂逅の感動を一層強くもたらしています。彼の絵画思想やプロセスは既存概念を超えている分、異分野とのフュージョンの余地も大きく、建築家や照明デザイナーたちとのコラボレーションも数多く手がけています。


2017年9月には、約3年ぶりとなる個展「溶けてゆく模様」を開催(恵比寿・ALにて、9月16日〜26日まで)。GALLERY SPEAK FORでは、福津氏のユニークな創作世界の今後に秘められた可能性と、描く過程で偶発的に生み出された模様や素材などへの興味を捨て去らず、常に変容への呼吸を止めない姿勢を高く評価して、「ARTIST OF THE MONTH」として選定。近作から自薦の作品を中心に、当サイトにて紹介・販売いたします。



福津宣人(ふくつのぶと)
画家/アーティスト


パターン・ペインティングにこだわった独自の技法。
濃厚でフュージョン感覚に満ちた絵の美しさは見事。


1969年、宮城県生まれ。東京都在住。映像クリエーターとして活動した後、画家の領域へと移行し、グラフィックパターンを使った独自の絵画様式を追究。建築家とのコラボレーションを含む着想豊かなアプローチは海外各都市での展覧会でも注目を集める。近年の個展に「光あるところ」(2013年、HAGI ART)、「光の模様」(2014年、GALLERY SPEAK FOR)がある。「佐久島 遍路展」(2012年、三河・佐久島アートプラン21)など、グループ展にも多数参加。2016年、春日大社国宝殿にて照明デザイナー岡安泉氏による常設インスタレーションの映像を監修。


「溶けてゆく模様」展については、こちら
http://blog.galleryspeakfor.com/?eid=750


福津宣人さんの作品一覧は、こちら
http://www.galleryspeakfor.com/?mode=grp&gid=1677475&sort=n



EXHIBITION ARCHIVES

2017.08.26 Saturday

過去の展示


fukutsu3_pr


福津宣人

溶けてゆく模様


2017年9月16日(土)- 26日(火)12:00-19:00 最終日のみ18:00まで


「あらゆるものは模様のようなもの」との定義に基づき、パターン・ペインティングという絵画様式で優れた創作を続けている、福津宣人氏。絵筆で塗り作る細かいパターン文様をマトリックスとしながら、彼の眼に映る風景や人物を描いています。その方法論は一見遠回りな描画法に見えますが、描写対象の「具体」と、パターンという「抽象」の間にある無限の広がりへと見る者を手招きするような、不思議な感動に満ちています。


その絵画思想やプロセスへの取り組みは、絵画を超えた分野との親和力も強く、数多くの建築家たちとの盛んなコラボレーションも、彼の資質の一部を表しています。2016年には、増改築された春日大社国宝殿において、照明デザイナー岡安泉氏とともに常設インスタレーションを手がけたことでも話題となりました。


fukutsu3_pr2
"Maison 5 night 1239 0114 2017"


本展は、福津氏が約3年ぶりに開く個展です。筆やペインティングナイフを使い、雪の結晶の生成のように六角形の対角線を結ぶ手の動きだけで描く「パターンストローク」シリーズは高い評価を得ていますが、描く過程で偶発的に生み出された模様を拾い集めたり、そこから触発を受けての創作へ、常に変容への呼吸も止めないのが彼のクリエイションの最大の魅力。本展では、近年スタートしたばかりの新しいシリーズや、思考の過程で生み出されたドローイングなども含め、自薦の近作約30点を展示・販売いたします。また、ドローイングをあしらったオリジナルTシャツなども紹介・販売いたします。


会場:AL
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南3-7-17
TEL 03-5722-9799
http://www.al-tokyo.jp


【ギャラリートーク開催】
2017年9月16日(土)18:30〜19:00 入場無料
作品解説=福津宣人 聞き手=岡安 泉(照明デザイナー)



福津宣人(ふくつのぶと)画家/アーティスト


1969年、宮城県生まれ。東京都在住。映像クリエーターとして活動した後、画家の領域へと移行し、グラフィックパターンを使った独自の絵画様式を追究。建築家とのコラボレーションを含む着想豊かなアプローチは海外各都市での展覧会でも注目を集める。近年の個展に「光あるところ」(2013年、HAGI ART)、「光の模様」(2014年、GALLERY SPEAK FOR)がある。「佐久島 遍路展」(2012年、三河・佐久島アートプラン21)など、グループ展にも多数参加。2016年、春日大社国宝殿にて照明デザイナー岡安泉氏による常設インスタレーションの映像を監修。



全[45]ページ中[1]ページ目を表示しています