NEWS

2018.08.23 Thursday

展覧会開催のご案内


菅野展4_prs.jpg


菅野麻衣子

漂流ページ


2018年10月5日(金)- 14日(日)12:00-19:00 最終日のみ18:00まで


少女たちをメインモチーフにしながら、私たちの日常と空想の行間に横たわっている微妙な情感を丁寧な筆使いで描き続けているのが、菅野麻衣子氏です。絵の人物たちは子どものような身体バランスを持ちますが、それらは菅野氏自身の分身のようであり、老若男女問わず共感できる一人芝居を演じて魅了するように見るものの心へ入り込んでいきます。絵のシーンの前後に長い物語性が感じられ、深読みしたくなるディテールが満載。アクリル絵具によるオーソドックスで鮮烈な塗りと、見るものをワクワクさせるカラー設計、そして着想豊かな構図の掛け合わせにより比類のない世界観を構築しており、また濃淡の使い分けだけで魅せる細やかな鉛筆画も大人気です。


仙台を拠点に国内外で活発に作品発表を続ける一方で、ロックバンド「Brian the Sun」の数々のCDカバーでも知られるなど、広告や商業デザインに近接する分野でも彼女の才能は高く評価されています。2018年には「遠野物語」のオシラサマの物語を独自の解釈で再構成した絵画で、佐々木喜善賞を受賞。ますます注目度を高めているところです。


菅野展4_prs2-5.jpg
”人魚姫”


本展は、菅野氏にとって2年ぶりとなる東京での個展です。「アンデルセン童話」「グリム童話」「遠野物語」などのストーリーからインスパイアを受け、それらの断章と作者自身のイマジネーションの交錯をテーマにした新作をメインに、大小の作品約25点を展示いたします。「本からページが抜け落ちてどこかに漂っていくように、絵の世界を膨らませてみたい」との意欲がタイトルに。アクリル画や鉛筆画に加え、それらを混合させた新しいタッチのシリーズも披露いたします。また、自作カレンダーやオシラサマブローチなどの新作雑貨類も紹介・販売いたします。


会場:AL
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南3-7-17
TEL 03-5722-9799
http://www.al-tokyo.jp


【ギャラリートーク開催】
※詳細は決定次第、追記いたします



菅野麻衣子(かんのまいこ)画家


1983年、宮城県生まれ。2006年、東北生活文化大学生活美術学科を修了。以後、精力的に作品制作と国内外での展示活動を展開中。ロックバンド「Brian the Sun」のCDジャケットや仙台市交通局のICカード乗車券「イクスカ」の券面デザインでも知られる。近年の個展に「あの子の家には屋根がない」(2017年、dmoarts)、「ダイアモンド」(2018年、仙台三越 アートギャラリー)など。2018年、佐々木喜善賞(遠野文化奨励賞)を受賞。


http://maikokanno.jp/



※展示作品は全て販売いたします。
※会場の都合により祝花などは固くお断りいたします。
※未就学児童のご入場はご遠慮ください。
※最終日のみ18時までとなりますのでご注意ください。



施設の都合上、祝花の類いを一切お断りいたします。また、作品購入こそ創作活動への最良の支援になるという観点から、祝花や差し入れに代えて、作品のご購入をお勧めしています。1万円以内で買える作品やオリジナルアイテムもたくさんございますので、ぜひご購入を通じてアーティストへ祝意と励ましをいただきますようお願いいたします。領収書はその場で発行できます。また、購入票によってご芳名とご厚意はアーティストへきちんとお知らせいたします。
IN STORE NOW

2017.03.17 Friday


IN STORE NOW

村田なつか 近作6点をタグボートで発売しました。



2016年のGALLERY SPEAK FORでの個展「けもの」が好評だった、村田なつか氏の近作6点を「タグボート」からリリースいたしました。キツネ、ウサギやリスなどの、思わず目に焼き付けたくなる可愛らしい佇まいとしぐさが、大自然の情景のなかで繊細に描写された村田氏の絵。ただ可愛らしいだけではなく、鉱石と動物との組み合わせを試みるなど、グラフィカルな着想の面白さも魅力になっています。今回の6点は、彼女による自薦の作品でバリエーション豊かに選ばれています。伸びしろの大きな作家であり、継続的なコレクションをおすすめいたします。



「霧森」

「白いきつね」

「君が沈んでゆく日」




村田なつか イラストレーター


1990年、茨城県生まれ。東京工芸大学芸術学部デザイン学科を卒業後、本格的に創作活動を開始。おもに水彩を使ったイラストレーションと、絵の世界をもとにしたアクセサリーを発表。渋谷・ロゴスギャラリー、Loft各店をはじめ、様々な手創り市やクリエイターイベントなどへも積極的に参加している。最近の個展に「鉱石に住む」(’16年、新宿マルイアネックス FEWMANY)、「けもの」(’16年、GALLERY SPEAK FOR)がある。


村田なつかさんの全作品は、こちら(外部サイト)
http://ec.tagboat.com/jp/products/list.php?author_id=100365&tngs_flg=0


IN STORE NOW

2017.03.10 Friday


IN STORE NOW

清水智裕 近作6点をタグボートで発売しました。



GALLERY SPEAK FORでの個展「室内楽」が記憶に新しいアーティスト、清水智裕氏の近作6点を「タグボート」からリリースいたしました。清水氏の絵にしばしば登場するのは、髪を左右に編み込んだ丸顔の少女たち。ときにアニメのヒロインのような軽さを、またある時は古い家族写真に似た重さを伴った存在感で、絵のビジョンの奥深くへと私たちの心を誘います。スケールの大きな画面構成力に、版画やアニメのセル画を連想させるタッチもあえて混在させたような遊び心のある筆致がミックス。それが全て緻密に油彩で表現される新鮮さが魅力です。今回の6点は、清水氏による自薦の作品。今後より高く評価が期待され、継続的なコレクションをおすすめできる有望作家です。



「スープ」

「ビッグスマイル」

「追跡行」




清水智裕 アーティスト


1977年、岩手県生まれ。2008年、東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻を卒業。'08〜'10年まで「ワンダーシード」にて連続入選し注目を集める。近年の個展に「霧が晴れたら新世界」('14年、Azabujuban Gallery)、「それを楽園とせよ」('14年、銀座三越)、「惑星Qの定時連絡」('15年、大阪・DMO ARTS)、「室内楽」(同年、GALLERY SPEAK FOR)など。シンガポールや香港での展示参加も。


清水智裕さんの全作品は、こちら(外部サイト)
http://ec.tagboat.com/jp/products/list.php?author_id=100205&tngs_flg=0


IN STORE NOW

2017.02.27 Monday


IN STORE NOW

ERICO 新作4点をタグボートで発売しました。



GALLERY SPEAK FORで今年新しくカバレッジを始めたアーティスト、ERICO氏の最新作4点を「タグボート」からリリースいたしました。彼女が一貫して描き続けているのは、耽美的な面立ちの女性を中心とする、メランコリックな「乙女画」。水彩色鉛筆とインクペン、アクリル絵具を合わせ用いて描くその世界には、乙女と対極的なバッドイメージも調合され、甘辛ミックスのファンタジーに仕上げられています。グラフィティ系のフットワークと、女性らしい優美な描線との絶妙なハイブリッドがユニーク。懐古的なロマンティシズムの香りもアパレルブランドとの相性がよく、各所でのアートフェアや展覧会、インストアイベントなどで熱心なコレクターを増やし続けています。今回の4点は、GALLERY SPEAK FORが特に選りすぐった作品ばかり。描画スタイルは確立・安定しており、継続的なコレクションをおすすめできる有望作家です。



「maybe find mine」

「romantica」

「tuning on」




ERICO 乙女画家


1980年、大阪府生まれ。大阪芸術大学付属大阪美術専門学校を卒業後、会社勤務を経て、2012年より”乙女画家”として創作活動を開始。大阪を拠点に国内外で展示を続け、ライブペイントやドローイングオーダーなどのイベントも各地で好評を博している。近年の個展に「OTOME MANDARA」(2015年〜2016年、大阪・siroiro.、東京・Cabaret)など。アパレルブランドとのコラボレーションも展開。


ERICOさんの全作品は、こちら(外部サイト)
http://ec.tagboat.com/jp/products/list.php?author_id=100361&tngs_flg=0


IN STORE NOW

2017.02.16 Thursday


IN STORE NOW

福津宣人 新作3点をタグボートで発売しました。



アーティスト、福津宣人氏の最新作3点を「タグボート」からリリースいたしました。福津氏は90年代半ばから、パターン・ペインティングともいうべき独自の洗練された絵画様式で注目を集めてきたアーティスト。絵筆とキャンバス、またはペンとタブレットによって丹念に塗られる、夥しく細かいパターン文様は、彼の手によって糸のように織り進められ、美しい変化を編みながら、私たちの網膜へ描写対象をしっかり送り届けてくれます。今回の発売作は、筆を使い、雪の結晶の生成のように六角形の対角線を結ぶ手の動きだけで描いているシリーズから「Untitled 1116 1228 2016」と、アルキド樹脂を用い、その硬化過程によって偶発的に生まれる様々な模様を用いて浮かび上がる風景を表現する、彼の新しいシリーズからの2作です。



「Untitled 1116 1228 2016」

「In the Pool 0748 0620 2016」

「Standing Deer 1025 0626 2016」




福津宣人 アーティスト


1969年、宮城県生まれ。映像クリエーターとして活動した後、画家の領域へと移行し、グラフィックパターンを使った独自の絵画様式を追究。建築家とのコラボレーションを含む着想豊かなアプローチは、中国、タイ、スリランカなど海外での展覧会でも注目を集める。最近の個展に「みずみずしい」(2009年、GALLERY SPEAK FOR)、「光あるところ」(2013年、HAGI ART)。東京都在住。


福津宣人さんの作品は、こちら(外部サイト)
http://ec.tagboat.com/jp/products/list.php?author_id=1172&tngs_flg=0


IN STORE NOW

2017.02.03 Friday


IN STORE NOW

亀井雅文 新作3点をタグボートで発売しました。



アーティスト、亀井雅文氏の最新作3点を「タグボート」からリリースいたしました。絵具のリッチなニュアンスを活かして精緻に描きあげる油彩画。何気ない情景やスナップなど日常のありふれた「リアル」を宝物のように丹念に描きとめる独特の話法が亀井氏の魅力ですが、今回の3点は、絵に抽象的なペイントをジャミングするようにかけ合わせた最近のシリーズからの自薦作。焼津市のアートフェア「ARTあんえっとん 焼津芸術寄港」(2016年11月)にて展示されたばかりのものです。写実力だけでなく、そこに長い時間注がれる亀井氏のまなざしの深さにチューニングを合わせ、モチーフのリアル感と、描かれた「絵画」というマテリアルのリアル感の合間を空想で行き来できる、そんな不思議な味わいをお楽しみいただけます。



「Black tie」

「Shadows」

「Energy Dome」




亀井雅文 アーティスト


1968年、静岡県生まれ。桑沢デザイン研究所ドレスデザイン科、武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒業。桑沢在学中にスチャダラパーのオリジナルメンバーとして活動した。また、ナイチョロ亀井として現かせきさいだぁのDJを担当。その後会社勤務を経て、大学で正式に美術を学びアーティストへの途を志す。「GEISAI#14」にて中村ヒロキ賞を受賞。スチャダラパー副読本「余談」「余談LEVEL7」の装画を手がけるなど幅広く活動中。2013年、代官山・GALLERY SPEAK FORにて個展「アイがある」を開催。その他、グループ展にも多数出展。


亀井雅文さんの作品は、こちら(外部サイト)
http://ec.tagboat.com/jp/products/list.php?author_id=1097&tngs_flg=0


IN STORE NOW

2016.12.26 Monday


IN STORE NOW

福井直子「クッション」が入荷しました。



アーティスト、福井直子氏が制作した「クッション」シリーズが2点のみ入荷いたしました。油彩での描画にビーズ刺繍などの手法をミックスして描かれる福井氏の絵画。そのファンタジックな世界から生まれた、非常にかわいらしいインテリアピースです。彼女の個展「夢を見るライオン」展で披露され、好評を博しました。細部までこだわって作られた一点ものは完成度が高く、お求めいただきやすい価格でありながら、アートコレクションにも相応しいアイテムです。



福井直子「クッション01」

福井直子「クッション02」




福井直子 アーティスト


1977年、岐阜県生まれ。東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程(油画)を修了し、本格的な創作活動に入る。近年の個展に「雲のむこう 空のさき」('12年、5/R Hall&Gallery)、「夢を見るライオン」(’13年、GALLERY SPEAK FOR)がある。他にグループ展にて「スターゲート」('09年、川崎市岡本太郎美術館)「花のように 鳥のように 風のように」('11年、愛知芸術文化センター)を発表。また、東京ドームシティ「ASOBono!」の外壁デザインや「晴海フラワーフェスティバル2013」にてイベントのデザインを手がけるなど、幅広く活動中。


福井直子さんの作品は、こちら
http://www.galleryspeakfor.com/?mode=grp&gid=895582&sort=n


IN STORE NOW

2016.12.10 Saturday


IN STORE NOW

黒田阿未「置き作品」シリーズが再入荷しました。



アーティスト、黒田阿未氏が「透明な少女」展(2015年)に際して制作し、好評を博した「置き作品」シリーズが再入荷いたしました。ドライポイントプレートや厚紙で自作する版に、ニードルで点描・線画し表面をはがしたりニスなどを塗って凹凸を作ったのち、じっくり刷られる「紙版画」手法による版画作品。これはそれを18mm厚の板に貼り、デスクなどに置いて楽しめるようにした、いわばインテリアグッズ感覚のものです。セーラー服をまとっている少女たちの姿は、彼女自身の思春期を主題に込めたモチーフ。少女の揺らぐ内面をテーマにした、深く繊細な表現が魅力です。小さくとも本格的な作品ですが、非常にお買い求めいただきやすい価格になっています。



黒田阿未「耽る」

黒田阿未「ツインテール」

黒田阿未「たいいくずわり」




黒田阿未(くろだあみ)アーティスト


1991年、富山県生まれ。東北生活文化大学生活美術学科在学中より、おもに板紙凹凸版による版画を中心に創作活動を始める。第10回「デザイングランプリ TOHOKU 2009」にて学生部門最優秀賞を、また「宮城県芸術祭 第1回絵画公募展」(2012年)にて宮城県芸術協会賞(グランプリ)を受賞し注目を集めた。2014年、同学科研究生を修了し富山県を拠点に活動中。最近の個展に「揺れるスカートの記憶」(2014年、銀座・十一月画廊)、「透明な少女(2015年、GALLERY SPEAK FOR)」。その他、グループ展に多数参加。
http://a-kuroda.petit.cc


黒田阿未さんの作品は、こちら
http://www.galleryspeakfor.com/?mode=grp&gid=1279005&sort=n


NEWS

2016.12.01 Thursday

GALLERY SPEAK FOR 新業態でスタート




代官山・SPEAK FORビル2階の「GALLERY SPEAK FOR」は、2016年11月23日をもって閉廊とし、ネットショップを主体とする業態にて新しいスタートを切りました。
優れた作り手・作品・商品のご紹介、各種イベント企画などを通じ、より多くのアーティスト、お客さまからご利用いただけるようサービスを拡充してまいります。
引き続き、実店舗同様に皆さまからの変わらぬご支援を、よろしくお願い申し上げます。
全[1]ページ中[1]ページ目を表示しています