EXHIBITION ARCHIVES

2015.04.08 Wednesday

過去の展示


yoco_pr


永宮陽子

sillage


2015年5月8日(金)- 20日(水)11:00-19:00


人物や風景、インテリアなどを確かな観察眼で捉え、まさに流れるような筆致のドローイングで表現し続けているのが、永宮陽子氏です。卓越したデッサンの力でモチーフを表徴化する、シンプルな描線が特ち味。余白が生むイマジネーションを援用するアングルの設定は巧みで、描線のかすれ、筆圧のマジック、絵具による印象的な差し色をもって、対象の放つエレガントさやアンニュイ、本質的な生命力までを紙の上に定着させます。彼女の描くストロークは、見るものの私的記憶とカクテルを作りながら、心象の奥深くへと投影されるかのようです。それを、広義の"モード"体験といっても過言ではないでしょう。


水墨画や俳句に通底する枯淡の美にも似たその表現は、ファッションイラストレーションの王道のひとつであり、ユニバーサルで親和性に富んだアートワークとして海外の著名ブランドも高く評価。海外ではYOCOとして活動し、デビュー以来、記憶に残る数多くのワールドキャンペーン、パッケージイラストを手がけてきました。


yoco_pr2


本展は、永宮氏にとって約8年ぶりとなる個展です。これまで常にメインテーマとしてきた「女性」に、今の視点からフォーカスする構成に。シアージュとは船の航跡の意から転じ「残り香」も指します。様々な感情を航跡として引き、通り過ぎる女性たち。「彼女たちのふとした美しく印象的な仕草を、綴るように、軽やかに描きたい」と彼女は言います。本展のために描き下ろす新作を中心に、約40点の原画を展示・販売いたします。またオリジナル作品集、オリジナルボックス入りレターセット、そしてオーガニックコットンによるブランド、SkinwareとのコラボTシャツなど、関連商品も紹介・販売いたします。


【ギャラリートーク開催】
2015年5月8日(金)18:30〜19:00 入場無料
作品解説=永宮陽子 聞き手=風間ゆみえ(スタイリスト)

【購入者特典】
作家在廊日に原画をご購入の方へ、ファッションポートレートを描いてプレゼント(※詳細はギャラリーHPで後日発表)



永宮陽子 イラストレーター


京都女子大学短期大学部卒。1997年、Masa Mode Academy of Art 研究科を修了後、フリーランスのイラストレーターとして活動を開始した。JO MALONE、CHANEL、Van Cleef & Arpels、MIKIMOTOなどの広告物、VOGUE、Harper's BAZAAR、ELLEなどのファッション誌も数多く手がけている。過去の個展に「Calme」(2004年、東京・gallery ROCKET)「En Plein Air」(2007年、大阪・PICT gallery)がある。ファッション、ジュエリーブランドの各種イベントにてファッションポートレイトのライブドローイングも好評を集めている。


http://yoco-nagamiya.jp