EXHIBITION ARCHIVES

2015.04.21 Tuesday

過去の展示


higashi2_pr


東ちなつ

one room museum


2015年5月22日(金)- 6月3日(水)11:00-19:00


ペインティングやドローイングだけでなく、パターン、コラージュ、切り絵や手芸など多彩な手法を自由自在に織り込んで創られるのが東ちなつ氏のアートワークです。繊細な描線と甘いカラーリングによって女性のハピネスを描き続け、時には小物やお菓子まで絵にトッピングして見るものの五感に訴えます。可愛らしさだけを追求するのではなく、コンプレックスのある女の子像もあえてモチーフに選び、見る側が芯から共感できるリアルなスイートさをさりげなく表現。彼女たちに声なきエールを送りつつ、ガーリーカルチャーのトレンドに強い背骨を入れるようなビジュアルメッセージを発信し続けているのです。


2012年の著書「カールズハンドメイド」では、コンペイトウのブローチやマカロンのピンなど、ハンドメイド雑貨の新地平を提唱して好評を集めた東氏。ファッション誌や書籍装画、セレクトショップでの展示活動などを通して若い女性たちから熱心にフォローされており、最近ではユニクロのキッズTシャツに絵を提供し全世界で展開されています。


higashi2_pr2
"one girl blues"


本展は、彼女にとって約3年ぶりとなる東京での個展です。リビングルーム、ベッドルーム、キッチン、子ども部屋など、身近な生活空間に合う絵をイメージしながらギャラリー内を構成。「自分だけの小さなミュージアム」を空想しながら楽しめる内容を意図します。新作に加えて、前回個展以降に作られたアーカイブも合わせ、新たな境地を表現する機会となります。ドローイング、ペインティング、コラージュなど40点あまりを展示・販売いたします。また、今回のために作られるZINEやトートバッグ、マグカップ、タイツ、アクセサリーなどのアイテムも多数、紹介・販売いたします。


【ギャラリートーク開催】
2015年5月22日(金)18:30〜19:00 入場無料
作品解説=東ちなつ 聞き手=ショコラ(ミュージシャン)



東ちなつ(ひがしちなつ)イラストレーター


金沢市生まれ。日本大学芸術学部卒。様々な手法でイラストレーションを展開する他、手芸クラフトによる作品も発表。装画を手がけた書籍に、柚木麻子「王妃の帰還」、川上未映子「世界クッキー」、角田光代「福袋」など。「Hanako」「oz plus」「SPUR」「LARME」などの雑誌や広告でも幅広く活躍中。ユニクロのキッズTシャツのイラストや、ニューヨークのアーティスト、オ・ルヴォアール・シモーヌの2014年ジャパンツアーグッズを手がけたことでも話題に。著書に「ガールズハンドメイド」(パイインターナショナル)がある。


http://chinatsuhigashi.com/


「ARTISTS」ページに、東ちなつさんのインタビューを掲載。
http://www.galleryspeakfor.com/?mode=f52