EXHIBITION ARCHIVES

2016.03.20 Sunday

過去の展示


hasegawa_pr


長谷川洋子

金色のノクターン


2016年4月15日(金)- 27日(水)11:00-19:00


様々な素材を組み合わせたコラージュ技法で知られる、長谷川洋子氏の絵。フランスのアンティークレースやスパンコール、京都の大正着物の生地などに、アクリルガッシュやマニキュアなどもミックスしています。バレリーナやお城、遊園地や星座など、女性なら誰しもが憧れる夢物語のワンシーン。それを、個々の素材だけが持ちうる希少な色と光彩のニュアンスを操り、洋の東西と時代を超えた素材同士の奇跡的コラボレーションを引き起こして、ビジュー感に満ちたリッチで華やかな実画面へ結実させうる彼女は、夢のレアリザシオン(実現者)といえるかもしれません。


平面上にクチュールドレスを紡ぐような作法にも似た彼女の絵は、特にファッションや美容系のクライアントと親和性が高く、百貨店、コスメブランドのポスターなど記憶に残るビジュアルワークを多数制作してきました。2014年には半年間、欧州を旅して素材と資料を収集。クリエイターとしての成長を果たし、いっそう活躍の場を広げているところです。


hasegawa_pr2
グラスペイントによる作品


本展は、長谷川氏にとって約3年ぶりの個展です。彼女自身、創作のテーマとして主軸にあるのは「幻想的でプライベート感のある世界」だといいます。夜の情緒に寄り添うピアノの調べ、ノクターンに包まれるよう、絵の中に込められた「ポエティックで特別な時間」を感じて欲しい。そんな願いをタイトルにしています。イラストレーターとしての活動を始めて10年の節目にあたり、近年のアーカイブからの自薦作と新作を合わせ、大小約60点の原画を展示・販売いたします。また、ヴィンテージ素材を使ったグラスペイント作品の他、トートバッグやマグネットなどのオリジナル雑貨も紹介・販売いたします。


【ギャラリートーク開催】
2016年4月15日(金)18:30〜19:00 入場無料
作品解説=長谷川洋子 聞き手=加藤千恵(歌人、小説家)



長谷川洋子 イラストレーター


1981年、静岡市生まれ。多摩美術大学情報デザイン学科を卒業後、アパレル企業勤務を経て2006年よりフリーランスのイラストレーターとして活動を開始。「SPUR」「VOCE」「日経WOMAN」などの雑誌や書籍、広告、カタログ、商品パッケージなどを多数手がける。装画を担当したおもな書籍に「Tanabe Seiko Collection1〜8」(田辺聖子著、ポプラ社)、「カーリー」シリーズ(高殿円著、講談社)など。TIS公募での連続入選(第6、7、8回)の他、第1回「イラストノート」ノート展大賞など受賞多数。


http://www.haseyoko.com/