EXHIBITION ARCHIVES

2016.05.17 Tuesday

過去の展示


daimon_pr


大門真優子

MUSEUM


2016年6月10日(金)- 22日(水)11:00-19:00


素材や色彩のカテゴリーを自由自在に超えながら、独創的な衣装作品を生み出し続けているのが、大門真優子氏です。ウェアラブルなプラグマティックさは保持しながら、時に絵画やオブジェのように大胆に表現主義へと舵を切った、構築的で刺激的な衣服をデザイン・制作しています。彼女自身がこのリアルな世界から吸い込んだインスピレーションや感情の襞を優れた再現性で形にする基盤には、クチュール制作の確かな技術があり、見るものたちへ皮膚感覚を伴った体験としてイマジネーションを転送しているのです。


また創作開始当初から、衣服の作品を自分自身がモデルとなって身につけ、そのフィギュアやモーションを写真作品とする表現活動も継続。シチュエーションや光彩までを複雑にコントロールして具現化するそれらは、彼女の感性の根本をより深く劇場感を帯びながら伝えています。最近では俳優やミュージシャンたちとのコラボレーションを多く手がけ、衣服のジャンルを超えた活発な発信力が話題を集めてきました。


daimon_pr2
"はじまりの碧い海"


本展は、大門氏にとって初めての個展です。2年前に初めて海に潜って得た多くの体験から着想したという、海をテーマとしたシリーズで構成します。「海のなかに存在するかもしれない何かを想像して」制作し、「女神たちの神殿」の意味をタイトルに重ねました。人間か女神か、人魚か。古来からファンタジーの源泉となってきた海面下の世界について、見るものの想像力を掘り出し浮遊させるように訴えかけてくるでしょう。フォトアクリル加工された大小のプリント作品約30点を展示・販売いたします。また、大門氏がデザインするアクセサリーや衣服、トートバッグやコインケースなども多数、紹介・販売いたします。


【ギャラリートーク開催】
2016年6月10日(金)18:30〜19:00 入場無料
作品解説=大門真優子 聞き手=ミーシャ・ジャネット(ファッションジャーナリスト、ブロガー)



大門真優子(だいもんまゆこ)アーティスト


1991年生まれ。文化学園大学で映画・舞台衣装デザインを専攻。在学中、ユニクロカスタマイズデザインアワードにてグランプリを受賞し注目を集めた。またニューヨーク州立ファッション工科大学で1年間オートクチュール技術を学ぶ。2012年に大学を卒業後、アーティスト、衣装デザイナーとして活動を開始。森川葵、鈴木拡樹、菅田将輝など俳優、アーティスト、ミュージシャンたちの写真集や雑誌連載、ライブなどで衣装デザインと制作を手がけている。


http://mayukodaimon.com