ARTIST OF THE MONTH

2017.06.24 Saturday


ARTIST OF THE MONTH

7月のアーティスト│ 長谷川洋子




2017年7月のアーティストは、イラストレーターの長谷川洋子氏です。フランスのアンティークレースやスパンコール、京都の大正着物の生地など様々な素材に加え、アクリルガッシュやマニキュアなどもミックスした独特なコラージュ技法で知られる長谷川氏。バレリーナやお城、遊園地や星座など、女性たちが憧れる夢物語のワンシーンを、汲めども尽きぬ構想力によって次々と絵に仕上げていきます。アンティーク素材だけが持ちうる希少なテクスチュアと輝き、もしくは画材の色とニュアンス、いずれかひとつだけでは成立しないのが彼女の絵の特徴であり、各素材への愛があってこそ、洋の東西と時代を超えた素材同士の奇跡的コラボレーションを仕掛けうるのです。ビジュー感に満ちたリッチで華やかな実画面へ結実させているその画法は、平面上にクチュールドレスを紡ぐような作法とでも例えられるでしょう。


特にそれらの絵はファッションや美容系のクライアントと親和性が高く、2010年にはイヴ・サンローラン・ボーテに日本人作家として初めて起用され、限定商品のパッケージを手がけたことで大きな話題に。百貨店、コスメブランドのポスターなど記憶に残るビジュアルワークも多数制作してきました。2014年には半年間、欧州を旅して素材と資料を収集。クリエイターとしての成長を果たし、いっそう活躍の場を広げています。


2016年の個展「金色のノクターン」では大小の額装原画、約60点を展示したほか、ビンテージの一輪挿しや戦前の和食器など、こだわったアイテムにフランスの特殊画材で絵を施したグラスペイント作品を発表し、大好評を得ました。さらに、田辺聖子、高殿円、角田光代、山本文緒、林真理子、加藤千恵など人気女流作家たちの書籍装画を手がけ続けています。GALLERY SPEAK FORでは、彼女の創作世界の安定性と、他の追随を許さない技法の優位性に大きな可能性を確信し、「ARTIST OF THE MONTH」として選定。近作から自薦の額装コラージュ作品を中心に、当サイトにて紹介・販売いたします。



長谷川洋子 イラストレーター


素材の希少性や品質にこだわったコラージュ技法。
ビジュー感に満ちたリッチで華やかな描画世界。


静岡市生まれ。多摩美術大学情報デザイン学科を卒業後、アパレル企業勤務を経て2006年よりフリーランスのイラストレーターとして活動を開始。「SPUR」「VOCE」「日経WOMAN」などの雑誌や書籍、広告、カタログ、商品パッケージなどを多数手がける。装画を担当したおもな書籍に「Tanabe Seiko Collection1〜8」(田辺聖子著、ポプラ社)、「カーリー」シリーズ(高殿円著、講談社)など。TIS公募での連続入選(第6、7、8回)の他、第1回「イラストノート」ノート展大賞など受賞多数。最近の個展に「金色のノクターン」(2016年、GALLERY SPEAK FOR)。


http://www.haseyoko.com/


長谷川洋子さんの作品一覧は、こちら
http://www.galleryspeakfor.com/?mode=grp&gid=1636789&sort=n


「金色のノクターン」展については、こちら
http://blog.galleryspeakfor.com/?eid=693


長谷川洋子さんのインタビュー記事は、こちら
http://www.galleryspeakfor.com/?mode=f54