ARTIST OF THE MONTH

2017.08.02 Wednesday


ARTIST OF THE MONTH

8月のアーティスト│ERICO




2017年8月のアーティストは、ERICO氏です。耽美的な面立ちの女性たちが、彼女の絵に頻出するモチーフ。一見してビューティ系のイラストレーションのようにも見える美人画ですが、どこかメロウでメランコリックなトーンを大切にしながら細かく描き込まれています。水彩色鉛筆とインクペン、アクリル絵具を駆使して描くその世界を、彼女は「乙女画」と定義。しかし、そこにはユニコーン、キメラなど、乙女とは対極的な少しダークな世界の暗喩も隠し込め、甘辛ミックスのファンタジックな魅力となって多くのファンを引きつけています。紙やキャンバスを超え、鏡やバッグなど様々な素材に絵を描き続けているのも特徴的で、そのグラフィティ系のアクティビティと、女性らしい優美な描線との絶妙なハイブリッドが評価されているところです。


2012年から本格的に創作活動を開始。各所でのライブペイントやドローイングイベントなどで着実に支持を広げてきました。画面全体から漂う懐古的なロマンティシズムの香りと、余韻を感じさせる余白の美もアパレルブランドとの相性がよく、キャンペーンビジュアルやインストアイベントなど多くのコラボレーションを手がけています。


2017年8月には、東京では初の本格的な個展となる「OTOME MANDARA」展を開催(恵比寿・ALにて、8月1日〜9日まで)。「OTOME MANDARA」とは、彼女が一貫して希求しているテーマであり、ひとつずつのキャッチーな絵が、関連し合って連なり曼荼羅のような世界を構築して見るものを包み込みたいという絵画観を表しています。大阪をベースに各所で行っている展示活動では、額装オリジナル作品、マグカップやステッカーなどの商品を販売するだけでなく、オーダーペインティングイベントも開催し、新しいファンとのコミュニケーション濃度を徐々に高めているところです。GALLERY SPEAK FORでは、彼女の創作世界の安定性と、アートとしての展開の伸びしろの大きさに着目し、「ARTIST OF THE MONTH」として選定し、広くお薦めすることにいたしました。



ERICO アーティスト


ダークな世界とのミックスによる乙女画を確立。
多くのコラボを通じて独自の領域を開拓中。


1980年、大阪府生まれ。大阪芸術大学付属大阪美術専門学校を卒業後、会社勤務を経て、2012年より活動を開始。大阪を拠点に国内外で展示を続け、ライブペイントやドローイングオーダーなどのイベントも各地で好評を博している。近年の個展に「OTOME MANDARA」(2015年〜2016年、大阪・siroiro.、東京・Cabaret)など。TABLESの「ROCK chocolate」パッケージを手がける他、あちゃちゅむ、fleamadonna、CLEOPATRAfigなどアパレルブランドとのコラボレーションワークも多彩に展開。


http://ericoworld.jp


「OTOME MANDARA」展については、こちら
http://blog.galleryspeakfor.com/?eid=747


ERICOさんの作品の一部は、タグボートでも購入可能
http://ec.tagboat.com/jp/products/list.php?author_id=100361&tngs_flg=0