IN STORE NOW

2016.12.26 Monday


IN STORE NOW

福井直子「クッション」が入荷しました。



アーティスト、福井直子氏が制作した「クッション」シリーズが2点のみ入荷いたしました。油彩での描画にビーズ刺繍などの手法をミックスして描かれる福井氏の絵画。そのファンタジックな世界から生まれた、非常にかわいらしいインテリアピースです。彼女の個展「夢を見るライオン」展で披露され、好評を博しました。細部までこだわって作られた一点ものは完成度が高く、お求めいただきやすい価格でありながら、アートコレクションにも相応しいアイテムです。



福井直子「クッション01」

福井直子「クッション02」




福井直子 アーティスト


1977年、岐阜県生まれ。東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程(油画)を修了し、本格的な創作活動に入る。近年の個展に「雲のむこう 空のさき」('12年、5/R Hall&Gallery)、「夢を見るライオン」(’13年、GALLERY SPEAK FOR)がある。他にグループ展にて「スターゲート」('09年、川崎市岡本太郎美術館)「花のように 鳥のように 風のように」('11年、愛知芸術文化センター)を発表。また、東京ドームシティ「ASOBono!」の外壁デザインや「晴海フラワーフェスティバル2013」にてイベントのデザインを手がけるなど、幅広く活動中。


福井直子さんの作品は、こちら
http://www.galleryspeakfor.com/?mode=grp&gid=895582&sort=n


IN STORE NOW

2016.12.10 Saturday


IN STORE NOW

黒田阿未「置き作品」シリーズが再入荷しました。



アーティスト、黒田阿未氏が「透明な少女」展(2015年)に際して制作し、好評を博した「置き作品」シリーズが再入荷いたしました。ドライポイントプレートや厚紙で自作する版に、ニードルで点描・線画し表面をはがしたりニスなどを塗って凹凸を作ったのち、じっくり刷られる「紙版画」手法による版画作品。これはそれを18mm厚の板に貼り、デスクなどに置いて楽しめるようにした、いわばインテリアグッズ感覚のものです。セーラー服をまとっている少女たちの姿は、彼女自身の思春期を主題に込めたモチーフ。少女の揺らぐ内面をテーマにした、深く繊細な表現が魅力です。小さくとも本格的な作品ですが、非常にお買い求めいただきやすい価格になっています。



黒田阿未「耽る」

黒田阿未「ツインテール」

黒田阿未「たいいくずわり」




黒田阿未(くろだあみ)アーティスト


1991年、富山県生まれ。東北生活文化大学生活美術学科在学中より、おもに板紙凹凸版による版画を中心に創作活動を始める。第10回「デザイングランプリ TOHOKU 2009」にて学生部門最優秀賞を、また「宮城県芸術祭 第1回絵画公募展」(2012年)にて宮城県芸術協会賞(グランプリ)を受賞し注目を集めた。2014年、同学科研究生を修了し富山県を拠点に活動中。最近の個展に「揺れるスカートの記憶」(2014年、銀座・十一月画廊)、「透明な少女(2015年、GALLERY SPEAK FOR)」。その他、グループ展に多数参加。
http://a-kuroda.petit.cc


黒田阿未さんの作品は、こちら
http://www.galleryspeakfor.com/?mode=grp&gid=1279005&sort=n


NEWS

2016.12.01 Thursday

GALLERY SPEAK FOR 新業態でスタート




代官山・SPEAK FORビル2階の「GALLERY SPEAK FOR」は、2016年11月23日をもって閉廊とし、ネットショップを主体とする業態にて新しいスタートを切りました。
優れた作り手・作品・商品のご紹介、各種イベント企画などを通じ、より多くのアーティスト、お客さまからご利用いただけるようサービスを拡充してまいります。
引き続き、実店舗同様に皆さまからの変わらぬご支援を、よろしくお願い申し上げます。
全[2]ページ中[2]ページ目を表示しています