EXHIBITION ARCHIVES

2011.06.23 Thursday

過去の展示

aminaka_prs


網中いづる So many memories


2011年7月22日(金)- 8月3日(水)11:00-20:00


紙面上でアクリル絵具を甘く混濁させていくような独特のタッチで知られる、網中いづる氏。草原に寝そべる少女たちや、バレエ、童話のワンシーンなどの情景を輪郭線のあいまいな筆致で描きとめ、パステルカラーの軽量感を操りつつも、しかし見る者の心にじんわり織り込まれる、確かな重量感でファンタジーを浸透させてしまう、そんな独特の画風が人気を集めています。


講談社文庫『完訳クラシック 赤毛のアン』シリーズをはじめ、林真理子氏や角田光代氏、秋元康氏らの著書の装画など、読み手の記憶に残る深い味わいの絵を多数手がけてきました。ファッションイラストレーションとしての評価も高く、アパレルメーカーとのコラボレーションも多彩に展開しています。


本展は、網中氏がデビュー以来約10年に渡って制作してきた作品アーカイブを中心に、新作も交えて紹介するものです。それぞれ、たくさんの思い出が詰まった作品群の中を散策する機会として、「So many memories」と名付けられました。書籍や雑誌、展示などのために描かれた絵の中からシリーズを横断・ミックスして俯瞰するうち、彼女の描画流儀の中の核心に触れられることでしょう。インテリアピースとしての視点で厳選する原画と複製画、約40点の他、Tシャツや関連書籍・雑貨なども多彩に取り揃えて販売いたします。


【ギャラリートーク開催】
2011年7月22日(金)18:30〜 入場無料
作品解説=網中いづる 聞き手=長崎訓子(イラストレーター)



網中いづる イラストレーター


1968年生まれ。アパレル会社勤務を経て2002年にイラストレーターとして独立。エディトリアルの仕事を中心に、ファッションブランドへのデザイン提供など幅広く活動する。第4回ペーター賞、第38回講談社出版文化賞さしえ賞受賞。装画に「完訳クラシック 赤毛のアン」シリーズ(講談社文庫)、「プリンセス・ダイアリー」シリーズ(河出書房新社)、絵本「むく鳥のゆめ」(浜田廣介・作/集英社)、「ぞうの せなか」(秋元康・作/講談社)、「アンデルセン童話 赤いくつ」(角田光代・文/フェリシモ出版)他多数。


http://www.izuru.net/


「ARTISTS」に、網中いづるさんのインタビューを掲載。
http://www.galleryspeakfor.com/?mode=f16


EXHIBITION ARCHIVES

2011.06.15 Wednesday

過去の展示

watanabe_pr


渡邊英弘 Shades of Time 時間の帳(とばり)


2011年7月8日(金)- 20日(水)11:00-20:00


リアル社会の揺れ動く姿や情報の渦、その中に棲まう人間たちのアイデンティティの転生と変容をテーマにした、さまざまな2D/3D表現で知られる渡邊英弘氏。同時代感覚への鋭い視座を伴った、洗練されたスタイリッシュなアウトプットが、彼の作品の魅力です。エアライン名をかき消された白い航空機の群れ、パステルカラーに塗られたビルが林立するシティスケープなど、国や地域を超えて、現代人がユニバーサルに感受できる図像と、そこから派生した立体表現には鮮やかで痛快な批評性が宿ります。それらの作品は、クリスティーズなどのオークションや、Art Baselなど国際アートフェアでも高い評価を得てきました。


本展は、1996年に彼が米国留学から帰国して以降、現在までに創り上げ様々な場所で発表された、全てのスタイルをアーカイブとして再構成するものです。タイトルは、今までの時間の流れを受けて新しい別の時間へ移行する、そんな時代と自分の、帳(垂れ絹)のように柔らかく、静かに隔てられつつある現在地点を言い表しています。多様に見える創作の全体像の中に、渡邊氏の一貫したアイデンティティ、比類のない話法を見出し、楽しんでいただけるはずです。


写真とCGによる合成図像、フォトレタッチ作品を中心に、インテリアに向くよう考慮され厳選された、約30点のプリント作品を展示・販売いたします。また、オリジナルTシャツなども販売いたします。


【ギャラリートーク開催】
2011年7月8日(金)18:30〜 入場無料
作品解説=渡邊英弘 聞き手=荒木夏実(森美術館キュレーター)



渡邊英弘 アーティスト


1966年、東京生まれ。89年より創作活動を本格的に開始。92年にThe University of the Arts (Philadelphia College of Art and Design)へ留学し、96年に帰国後、個展「フローティング・シティ」(レントゲン・クンストラウム)を開いて話題に。その後、東京をベースに「LIFEPHASE」展(2006年・H.P.FRANCE WINDOW GALLERY)など、国内外の個展やグループ展で作品を発表している。社会と人間の変容を見据えた創作には、海外のアートフェアでの評価も高い。埼玉工業大学非常勤講師。


http://www.hwatanabe.jp/


EXHIBITION ARCHIVES

2011.06.02 Thursday

過去の展示

shirane_pr


白根ゆたんぽ ゆれの中


2011年6月24日(金)- 7月6日(水)11:00-20:00


ポップな画風の中に、乾いたユーモアやエロ、アイロニーを滲ませたコラージュ的なペインティングで人気の、白根ゆたんぽ氏。カートゥーンコミックの一場面のような筆致の線画は彼独特のジャンルを確立しており、現代美術にもつながるシュールで含蓄の深い絵も次々と送り出しています。また、広告、書籍の装画やCDジャケット、グループによるテーマ展など、そのTPOを知的に押さえたイメージ発信のセンスも注目を集めてきました。


本展は白根氏にとって、GALLERY SPEAK FORでの2年ぶりの個展となります。今回は、最近彼が試みて評価が高い抽象画のアプローチをさらに深化させて披露するもの。人物をモチーフとし、イメージミックス型の具象画の印象が強い白根氏ですが、抽象画でも、塗り感のディテールには彼の画風のエッセンスが蒸留されており、見る者の心を沸き立たせる親しみやすい話法が隠されています。気体や液体のウェーブを思わせる、ゆらゆらとした筆の航跡から「ゆれの中」と名付けられました。震災以後の物心さまざまな変動や、現代社会の見通しにくい変転の渦、その中で生きる人々のバイオリズムなど、見るものの視線を得る時、さまざまなイシューにリンクして見えてくるかも知れません。


今回は、描きおろしを中心に原画と複製画をミックスして約30点を展示・販売いたします。また、オリジナルTシャツ、ZINE、関連書籍なども販売いたします。


【ギャラリートーク開催】
2011年6月24日(金)18:30〜 入場無料 予約不要
作品解説=白根ゆたんぽ 聞き手=小田島等 ゲスト=スージー甘金


【公開制作】
2011年6月25日(土)15:00〜18:00 7月1日(金)16:00〜19:30 7月2日(土)16:00〜18:00



白根ゆたんぽ イラストレーター


1968年、埼玉県生まれ。桑沢デザイン研究所グラフィック研究科卒業後、フリーのイラストレーターとなる。雑誌「With」「BICYCLE NAVI」「きらら」で挿画を連載中。他に書籍装画やCDジャケット、広告などで活躍を続ける一方、グループ展などにも積極的に参加。2009年11月、GALLERY SPEAK FORにて個展「YUROOM HISTORY」を開催。著書に「ナマぬル -パノラマエディション-」「RANGOON RADIO」(共著)がある。「工作バンドOBANDOS」の一員としても活動し、今井トゥーンズ氏とのユニット、「YUTOONZ」としての活動も話題に。


http://yuroom.jp


「ARTISTS」に、白根ゆたんぽさんのインタビューを掲載。
http://www.galleryspeakfor.com/?mode=f12


EXHIBITION ARCHIVES

2011.05.20 Friday

過去の展示

kumagai2


熊谷直子 トウキョーランデヴー


2011年6月10日(金)- 22日(水)11:00-20:00


ファッション誌や広告などで、女性目線によるみずみずしさを抱えつつも、痛切なリアリティに満ちた写真を撮り続けているのが、熊谷直子氏です。コンクリートのビル群や路面、昼の草花や夜の虚空など、何気ない日常の景色に放たれた彼女の視線は、丁寧な手つきで表層の曇りをふり払い、喜びや寂しさなどの繊細なニュアンスを見出しては、そのありかを見る側に訴えてきます。カメラのレンズを通して物事と対峙してきたという彼女の写真話法は、20代で過ごしたパリの濃厚なカルチャー体験を通して成熟し、帰国してからも広く共感を集めてきました。


本展は2008年の個展「anemone」の後を受けるもの。パリで孤独に愛を捉えていた頃の前シリーズが「anemone」でしたが、今回は帰国した後に撮りためたプライベート作品が中心になります。いつもの街角、仕事で出かけた先などで、友人たちや親しいモデルたちと歩いた路、自分だけの密やかな時間など、彼女のリアリティの中で大好きな東京を感じる瞬間を集めています。「東京で会いましょう」。そんなキーワードをいつも心の中でイメージし写真展で表現したいと考えてきたという熊谷氏は、本展を「トウキョーランデヴー」と名付けました。誰も撮っていない同時代感、東京に広がっている不思議な浮遊感を味わっていただけることでしょう。彼女自身が厳選した約40点の大小プリントを紹介して販売。合わせて関連書籍や雑貨などを販売いたします。


【ギャラリートーク開催】
2011年6月18日(土)15:30(〜16:00)入場無料
作品解説=熊谷直子 聞き手=松尾 彩(PS編集部)



熊谷直子 フォトグラファー


1976年兵庫県生まれ。1996年に渡仏し2000年まで滞在。2003年より東京をベースとしてフリーランスフォトグラファーに。「Sweet」「PS」「Barfout!」「週刊文春」などの雑誌や、伊勢丹Global Greenキャンペーン、LUMINEエスト新宿店、BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWSなどの広告イメージ、テレビ番組のスチールを手がけるなど幅広く活躍。2008年に個展「anemone」(GALLERY SPEAK FOR)を開催し同名写真集を発表した。


http://kumagainaoko.com/


EXHIBITION ARCHIVES

2011.05.05 Thursday

過去の展示

yoshida_pr


吉田奈美 Another sunny day


2011年5月27日(金)- 6月8日(水)11:00-20:00


ふんわりと子どもが引いたような一筋のハンドドローイングに、深い奥行きをもった情感や宇宙が込められていることがあります。そんな魔法の風がしばしば吹いているのが、吉田奈美氏のイラストレーション世界です。彼女の手に導かれたペンの航跡、水彩の滴は、わくわくさせる喜びや詩情、哀切などを端的に示唆してみせ、絵のモチーフは、動物にせよ子どもたちにせよ、大人の心を一瞬にして童心ベースに引き戻してくれるのです。


グラフィックデザインやファインアートの素養も基礎にした、そのドローイング、ペインティングの話法は、多くの児童書の挿画としてだけでなく、女性誌などでも重用され、またフェミニンな視座から、大地に生きるヒューマンライフを描ける逸材として、アウトドア系雑誌の誌面でも高く評価されています。


本展は、吉田氏にとって2009年以来となる個展です。これまで十数年に渡って描かれてきた彼女の創作の中から、特にインテリアピースとして提案する視点で厳選した、原画や複製画30点あまりを紹介・販売いたします。また、この展示のために作られたオリジナルTシャツ、関連書籍なども販売いたします。彼女の絵の日常性の裏に流れる不思議な"Another sunny day"へ滑り込む、そんな時間を楽しんでいただけるでしょう。



吉田奈美 イラストレーター


1974年生まれ。多摩美術大学デザイン科グラフィックデザイン専攻卒業後、カナダのエージェントAnna Goodson Managementと契約。その後も東京を拠点にフリーランスのイラストレーターとして「LEE」「BE-PAL」「Hutte」「天然生活」などの雑誌や書籍、広告で活躍中。「いちねんせいのいたーだきます!」(北川チハル著)、「はじめてのくさばなあそび」など、児童書の挿画も数多く担当している。2009年に個展「アーミッシュ村の風景」(代官山ao)を開催。


http://www.namiyoshida.com/


「ARTISTS」に、吉田奈美さんのインタビューを掲載。
http://www.galleryspeakfor.com/?mode=f18


EXHIBITION ARCHIVES

2011.04.21 Thursday

過去の展示

mori_prs2


森 善之 水のすみか


2011年5月13日(金)- 25日(水)11:00-20:00


「新ビオフェルミンS錠」や、焼酎「それから」の広告など、同時代感をつかみつつ、ヒューマニティ溢れるまなざしから広告写真を手がけている森 善之氏。受け手の心へ深くリンクする、優しい写真話法が高い評価を受けています。一方で、2008年に写真家ユニット「七雲」を組織すると、日本のローカルな風土や暮らしを、各県ごとにフォーカスするグラフ誌「ジャパングラフ」を発行開始。写真の潜在的な力で貢献する社会的なアクションとして注目を集めています。


本展は、彼が約6年のあいだ取り組んできたアートピースのシリーズを展示する初の機会として企画されました。タイトルの通り、テーマは「水」です。彼は約10年前、南米のアマゾン川の取材に出かけ、世界観が水を軸として大きく変わったといいます。その後、紀伊半島の源流域などでこのシリーズを撮影するようになりました。奇遇にもその流域が、かつて自分が渓流釣りによく通っていた川だったことに気づいた彼は、川の流れや雲など、地球を循環する水の様々な姿を描きとめ続けてきたのです。生命もまた「水のすみか」だと気づかされ、輪廻を見つめるように水を撮影することが「大切な、生きるためのビジョンを与えてくれた」と森氏。青や緑、白が美しく映えるグラフィックな味わいの写真群は、ネイチャー写真かドキュメンタリーかの問いを越え、次々と人々の心を癒して伝播し、定着していくコミュニケーションアートだとも言えそうです。


今回は30点あまりのC-print作品を展示する他、同名タイトルの写真集も販売。これまでの活動を伝える「ジャパングラフ」などの書籍も紹介・販売いたします。また、本展の売上げ金の一部を、東日本大震災の被災者支援活動へ寄付いたします。


【ギャラリートーク開催】
2011年5月13日(金)17:00(〜17:30)入場無料
作品解説=新村則人(新村デザイン事務所)、森 善之



森 善之 フォトグラファー


1960年、神戸市生まれ。大阪写真専門学校を卒業後、大阪宣伝研究所写真部を経て独立し、91年、森善之写真事務所を開設。おもに広告やエディトリアルの分野で活動している。2008年、写真家たちによるユニット「七雲」を設立。おもな仕事に、サントリー「それから」、福井新聞「家族と話そう」、イオン化粧品企業広告、パナソニック「ナノイーシリーズ」、ビオフェルミン製薬企業広告、JR西日本「九州新幹線キャンペーン」、木村充揮CDジャケットなど。また日本の各地の暮らしを写真と文で伝えるグラフ誌「ジャパングラフ」の制作も手がけている。作品集に詩写真集「うた」(詩・上田假奈代、発行・WALL)などがある。


http://nanakumo.net/


EXHIBITION ARCHIVES

2011.04.07 Thursday

過去の展示

itokeiji


伊藤桂司 PRINTED MATTER


2011年4月29日(金)- 5月11日(水)11:00-20:00


一青窈やボニー・ピンク、キリンジ、オレンジ・ペコー、スチャダラパーなどのCDジャケットやビデオクリップを手がけ、また数々の雑誌や書籍のカバーワーク、広告ポスターで知られる伊藤桂司氏。その手から生み出される図像は怪しく美麗な発色を伴い、楽園というにはアシッド臭が濃厚で、タブーというには離れがたく甘美な味わいに満ちています。アナログなコラージュやドローイング、ペインティングは、コンピュータのグラフィックツールと相互浸食を繰り返し、バックボーンの全く異なる様々なマテリアルを彼の脳内世界で隣り合わせにさせて、新しいヴィジョンを生み出すのです。


シュルレアリスムやポップアートの潮流を現代のデジタル環境へと橋渡ししながら、死滅しかけているサブカルチャーの美意識を携えて、80年代以降の東京カルチャーシーンを常に刺激し続けてきたのが伊藤氏だと言えるでしょう。「FUTURE DAYS」などの作品集はその時々のグラフィック界に大きなインパクトを与え、原画や複製画はコレクターらの根強い人気を誇っています。


本展は、おもに雑誌や書籍など印刷物のために制作された伊藤氏のアーカイブを、インテリアとしての観点から厳選して紹介するものです。原画の他、インクジェットでの複製によるリサイズ作品も特別に制作し、展示・販売いたします。過去の展示ではスキップされていた作品も含め、技法に支配されず様々な着想を形にしてきた彼の創作世界に触れられる好機となるでしょう。また、本展はチャリティとしての開催要請に伊藤氏が応えた企画であり、売上げ金の一部は、NPO法人チャリティ・プラットフォームを通じて公益社団法人Civic Forceへ寄託し、東日本大震災の被災者支援活動に役立てられます。


【ギャラリートーク開催】
2011年4月29日(祝)18:00(〜18:40)入場無料
作品解説=伊藤桂司 聞き手=都築 潤



伊藤桂司 グラフィックアーティスト


1958年、東京生まれ。広告や音楽プロモーションなどの分野で、グラフィックワーク、アートディレクションを手がける。「BRUTUS」「esquire」「SWITCH」などの誌紙でも活躍。2001年度東京ADC賞など受賞歴多数。愛知万博EXPO2005の世界公式ポスターも内外から高い評価を受けた。他に、コカコーラ社のコーポレイトカレンダー、NHKの番組タイトルとセットデザイン、HOYAクリスタルとの共同プロジェクトなど活動は多彩。2009年、個展「TURN ON, TUNE IN, CUT OUT!」(Gallery360°)を開催。作品集に「FUTURE DAYS」「MOTORWAY」などがある。京都造形芸術大学教授。UFG代表。


http://www.site-ufg.com/


EXHIBITION ARCHIVES

2011.03.30 Wednesday

過去の展示

CFG2


CHOICES FOR GIFTS


2011年4月15日(金)- 27日(水)11:00-20:00


本展「CHOICES FOR GIFTS」には3つの意味があります。まず、過去展のアーカイブであるということ。GALLERY SPEAK FORでは2週間ずつ展覧会を次々と開催しています。契約作家や常設スペースを置かず、会期が変われば100%新しいアーティストの世界に生まれ変わるというポリシーには、良さもありますが、興味を持っていただいた作品を再度見ていただけなくなるという難点もあります。そこで人気アーティストたちが自薦するベストチョイスを再度、紹介するのが本展です。それぞれの個展中に注目度の高かった関連雑貨などもご紹介します。


さらに、新生活スタートを迎えた方々へのギフトとして、また、お部屋の模様替えなどの際にアート作品を選んでいただける機会であること。アーティストたちはギフト好適品としておすすめできる小さめの作品、デスクトップアートなどを意識してチョイスしており、約50点ほどを展示いたします。おおむね数千円から約3万円台までの予算でお買い求めいただけるよう、プライス面からもアイテムを絞り込みます。GALLERY SPEAK FORで新しくプロデュースする新しいオリジナル商品「Art Can Change Your Life」のご紹介も合わせて行います。アート作品を気軽に買えるよう、あえて12,600円均一でブロデュースする、額装作品やキャンバスパネル作品のコレクションです。


そして、東日本大震災の被災者への確かな支援となる展示でありたい、ということ。誰かから誰かへ、自然な思いやりで贈るアートが、実質的なチャリティにもクロスするよう意図されています。本展での売上げ金の一部は、NPO法人チャリティ・プラットフォームを通じて公益社団法人Civic Forceへ寄託し、東日本大震災の被災者支援活動に役立てられます。


出品アーティスト : 芦野紀子(a piece of design)/飯田かずな/ミック・イタヤ/内田文武/腰塚光晃/SUNDAY VISION/白根ゆたんぽ/すぎはらけいたろう/デビルロボッツ/長崎訓子/マーク・ニュートン/はまのゆか/ハラアツシ/福津宣人/プラープダー・ユン(順不同)

EXHIBITION ARCHIVES

2011.02.27 Sunday

過去の展示

achim


Achim Lippoth Kids


2011年3月25日(金)- 4月13日(水)11:00-17:00


ドイツのフォトグラファー、Achim Lippoth(アチム・リポット)氏は、子ども服のフォトグラファーとして世界でも比類のない第一人者です。子どもたちを、美しく撮る対象としてだけでなく、物語性豊かなファインアートの中の主人公として躍動させます。そのモデルたちの表情には、同時代と近未来へ投げかけられたナイーブな感情が浮かべられ、クリエイターたちをうならせる幅広いアイディアソースから採られた、タイムリーで最適なコンセプト設定がほどこされています。まるで映画を撮影し、文学を綴り、現代美術を創りあげるように濃密なアイディアが、子どもたちとともに構築されるのです。


その姿勢は彼のキャリアの始めから一貫しており、子ども服とは大人服のダウンサイジングではない、という確たる信念が支えています。彼がディレクターとして育て上げたドイツ・ケルン発のファッション誌「kid's wear」も彼の「ライフワーク」のひとつ。人間のピュアネス=クリエイティブの深淵をあらわすものとして子ども服を捉え続けており、自らが自由で実験的なフォトストーリーを発表するだけでなく、ブルース・ウェーバーやナン・ゴールディンも共感して毎回寄稿するなど、「子どもファッション誌の芸術」と呼ばれるまでになりました。同誌の写真は世界各地のギャラリーで賞賛されています。


GALLERY SPEAK FORでは、2008年秋に日本で初めて彼の個展を開催しましたが、今回も「kid's wear」誌で発表された最近の作品の中から、自薦の約30点をプリントで紹介・販売いたします。またこの機会に「kid's wear」の稀少なバックナンバーも販売いたします。世界中から注目されている子ども写真の名匠の技に、ぜひ触れていただきたいと思います。



Achim Lippoth(アチム・リポット)フォトグラファー


1968年、ドイツ・イルスホーヘン生まれ。マンチェスター・バイロン大学、ケルン大学で学んだ後、フリーランスのフォトグラファーに。優れた子どもポートレートとファッションフォトで独自のジャンルを築く。95年、子ども服をクリエイティブな視点から扱う「kid's wear」誌を創刊。そのディレクターとなる。同誌をベースに多くのファッション誌、インテリア誌などで活躍中。トミー ヒルフィガーやリトル マーク ジェイコブスなど、数多くの広告を手がけている。2007年、写真集「Achim Lippoth」(Kehrer Verlag)を発表した。近年は映像ディレクターとしても活動。


http://www.lippoth.com/


EXHIBITION ARCHIVES

2011.02.21 Monday

過去の展示

sugihara


すぎはらけいたろう Footprints of journey


2011年3月4日(金)- 23日(水)11:00-17:00


紙の風合いと、彩色や切り絵の手法が繊細に組み合わせられて、すぎはらけいたろう氏の「絵」ができあがります。使用するのは、海外の蚤の市などで収集された、日記帳や楽譜、包装紙などのアンティークな紙やハギレなど。様々なテクスチュアの素材たちは、コラージュや描画、切り取りなど、彼の繊細な手作業を通して、ファンタジーという第2の生命を吹き込まれてゆくのです。


でこぼこな素材の混交を指揮して、すぎはら氏が奏でる優しいハーモニーは国内外で高く評価されており、2009年ボローニャ国際絵本原画展でも入賞。昨年は初めてのオリジナル絵本「あれあれなんだろな?」を刊行しました。こぶたのクイ、うさぎのチー、おさるのポッポ。その仲良し3人組の楽しい冒険世界は多くの絵本ファンを魅了しています。また、様々なグループ展や企画展などで積極的に新作を発表し続けており、2010年8月には、everydaybycollex二子玉川店で展示とワークショップを行い、好評を集めました。今、最も期待される新鋭イラストレーター、絵本作家のひとりと言えるでしょう。


本展のタイトルは「旅の軌跡」を意味します。過去の自作の中から選りすぐったアートワークを、購入しやすいインテリア向きの複製キャンバスパネルとして販売する他、絵本「あれあれなんだろな?」や、最近手がけたカレンダーのための原画なども展示。合わせて約40点前後を紹介いたします。また、家をモチーフにしたオブジェの新作も発表予定です。



すぎはらけいたろう アーティスト/イラストレーター


愛知県生まれ。2001年、名古屋造形芸術大学短期大学部卒。同年、カナダのトロントに渡り、グループ展やアートイベントに多数参加。03年に帰国後、デザイン事務所にグラフィックデザイナーとして勤務した後、07年にロンドンへ拠点を移し、09年に帰国。「2009年 イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」にて入選。10年に、初めてのオリジナル絵本「あれあれなんだろな?」(キッズレーベル)を発表。


http://www.keitarosugihara.com/


全[3]ページ中[2]ページ目を表示しています